Upper Sioux Agency State Park Tipi at Sunrise

ティピに泊まる



CrowBoysChicken2

パオワオでのダンス



F7D6234C-155D-4519-3E753977D7CE72A9-large

パイプストーン



 























友人のKさんが、最近地元ネイティブ・アメリカンのお祭り「パオワオ」に行ってきたよというご報告。夏になると全米各地で様々なネイティブ・アメリカンの部族による「パオワオ」と呼ばれる伝統のお祭りが開催されます。ミネソタでも大小各リザベーションやその周辺でネイティブ・アメリカンの人々が集い、彼らの伝統と民族の誇りをお祝いするのです。 一般の人々が一番楽しみなのが、彼らの華やかな衣装とそして独特のダンス、そして太鼓と歌でしょうか。私の知り合いのネイティブ・アメリカンのダンサーは全米中のパオワオに参加し、ダンスを披露しています。夏の間はほぼツアー中。またダンスのコンテストもあります。ネイティブ・アメリカンの女性たちのミス・コンテストはダンスの巧さも重要な採点ポイントです。 ミネソタには実際30近いネイティブ・アメリカンの部族があるそうです。(よくは知らないのですが。)多くのミネソタの地名のもとになっている言葉を有するダコタ族、湖岸地方のオジブエ・ミルラックス族、シャコピー・ムデワカン・スー族、名前は色々、そして属している部族ととにかく素人には難しいです。
スペリオール湖周辺の部族の人々は自分たちのことを「アニシナアーべ」と称しています。また、南部ミネソタのネイティブ・アメリカンの聖地パイプストーンは、ダコタ•スー族の人たちが今も儀式用のピースパイプを製作しています。
さて、こうしたパオワオを一度は訪れたいと思っていますが、他にも、夏ならでのネイティブ・アメリカン文化の経験としては、アッパー・スー・エージェンシー州立公園のキャンプ地で、ネイティブ・アメリカンの代表的な家屋であるティピと呼ばれる大型テントに宿泊するというもの。このエリアは草原が広がり、ネイティブ・アメリカンの歴史の残るところです。
ネイティブ・アメリカンの歴史と文化をパオワオで学び、そして夜空の下、草原に立つティピの中で過ごす時間、そんな体験ができるミネソタの夏です。
http://www.drumhop.com/mnpowwow.php