昨日は夫の誕生日でした。毎年、彼の誕生日近くの週末で旅行に行き、当日は自宅でお祝い。今年の旅行は前述のポートランド。去年は、サンアンセルモに行ってますね!近!! :emojiface_glad2:  まだ引っ越したばかりで、周辺の地理が分かってなかった頃ですな。

誕生日のディナーは、毎年彼はパンプキンパイをリクエストするのですが、大好きなドラマGame of Thronesの料理本
51io0QNtvmL._SX258_BO1,204,203,200_
これを図書館で借りて読んでいたところ(このドラマの原作を読んでいる方はご存知の通り、出てくるお料理が凄くおいしそうなのですよ)
おいしそうなミートパイが載っていたのです。そこで今回はこれに挑戦しようということで、デザートはパイではなく、軽いシフォンケーキにすることに。

レモンがあったので、レモンシフォン。電動泡だて器は引っ越しの時に処分したので、自力で泡立てましたが、IKEAで買った泡だて器が最高!これ、今度写真付きで紹介しますね。

IMAG3622
落ちないでくれ~~と念を送りながら(笑)冷ましています。

シフォンは以前、何度か失敗しています。冷ましながら型から落ちるのが一番嫌な失敗なんですが :emojiface_coldsweat:

成功のコツは

*卵白をよく泡立て、泡立てているボールを逆さにしても卵白が落ちなくなるまで泡立てる
*生地を型に入れたら、型の上まで生地を薄く塗り付ける
*しっかり焼く。表面がちょっと強い茶色になるまで、しっかりと焼く
*オーブンから出したら、すぐにひっくり返す!

だと思われます。これを実施してから、今のところ失敗なし。ちなみに本当はケーキフラワー(薄力粉)を使うのですが、All Purpose(中力粉)で作りました。(買いに行くのが面倒だった。。)

それではミートパイ。
本には、中世のレシピと、現代のレシピの両方が載っています。せっかくなので、本格的に中世のレシピに挑戦してみっか、ということで良く分からないドライフルーツを買い揃え(Whole Foodsのバルクセクションにあった!凄いぞWholeFoods!)豚の挽肉と卵黄、それに蜂蜜とショウガという普段のお料理とは全く違うニューワールドへ突入です。いったいどんな味になるんだろう?
IMAG3624

パイ生地は下と、上面にもかぶせて

焼き上がり!縁をカバーする輪がなくても、焦げませんでした。
IMAG3625
具がそこまでジューシーではなかったので、真ん中の蒸気を逃がす穴はいらなかったのでは?と思いますが、とりあえずレシピ通りにやってみました。
ちなみに具も、玉ねぎとかセロリとか、チキンストックなど入れたかったのですが、ぐっと我慢してレシピ通りに。

切るとこんな感じです。
IMAG3626
中身はですね、豚の挽肉、塩(ほんのちょっと)卵黄、しょうが、こしょう、蜂蜜(1/3カップ!)ドライCurrant 日本のスグリらしいです。Dates(ナツメヤシ)。挽肉を炒めて、あとは全部混ぜてパイ生地に入れて焼くだけです。
IMAG3629
サラダとチーズも付けて、頂きまーす。2014年マイケル誕生日ディナー。

気になるミートパイの味は!!

これはまさしく、子供の頃おばあちゃんの家に行く時に新幹線の中で食べた
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

鯛めしの味がしました。(画像はGoogleのイメージ検索で出てきたものをお借りしました。懐かしい!この写真を撮ってくださった方、本当にありがとうございますー!)

なんでしょう。。甘いそぼろのような?不味くはないんですけれど、現代のミートパイをイメージしていたら
ちょっと驚く味ですね。

デザートのレモンシフォンは、生クリームにもレモンを入れてみました。
IMAG3633
ふかふかでほんのりレモンの香りのするケーキは、とても美味しかったです。
IMAG3634

ろうそくを点けて、お祝い。おめでとう!いい一年になりますように! :emojiface_glad2: