Beer Study Groupをスタートさせて2年。
お仕事は楽しいけれど、自分がアメリカのクラフトビアマーケットについて知っているかと考えると
まだまだかなと。

そして、昨年くらいから、このまま家にいていいのか、もっと出来ることがあるのではないかと考えるようになりました。

丁度その時、ビール・ワイン・チーズ担当者の募集を見て  :emojistar2: おっ これは面白そう!
ビールおタクですが、ワインとチーズについての知識は殆ど無いので、勉強するいい機会。
それに、ビールをアメリカのお客様におススメするのって、すごく良い経験になると思ったんです。

whole foods cap

というわけで、ジャジャーン♪
3月18日から、Whole Foods Marketにてお仕事がスタート。
面接官が私以上のビールおタクで嬉しかったです :emojibeer:

また、2015年の目標として、経済的に自立したいと思っていたのも理由のひとつ。
今のままだと、夫に何かあったら路頭に迷うし。
Whole Foodsはパートタイムでも医療保険があり、401Kプランも。有給まであるんだYo!
また全米に支店があるので、引っ越しがあっても続けられそうだし。
夫と相談し、とりあえず何かあった場合のプランB! として頼りになりそうな企業だったのも決めた理由のひとつでした。
そして私自身、Whole Foodsの企業理念が好きだったんです。

きっちり研修が数週間あり
先週末から少しずつフロアに出ていますが
任せろ!と思っていたビールにさえ苦戦しつつ(英語でのセールストークって難しい!)
チーズとワインにいたっては、お客様に聞かれると目が完全に泳いでる私です。

ちなみにこれからもし、Whole Foodsのビール&ワイン&チーズセクションで働く方がいたら
これ、きっと私が働いているお店だけではないので忠告しておきますが。。

めっちゃ食べさせられます!

〝このチーズ食べたことある? 食べてみて?”
〝このチーズにはこのクラッカーを付けて食べてみて?”
〝今日はベーコンがあるから(謎。でも実話) これ食べてみて”
〝このナッツにはバニラパウダーをかけると美味しいのよ。はいっどーぞ”

もちろんスタッフが味を知っていないと、お客様におススメ出来ないので、とても大切なことなのですが
面接で〝チーズ食べられる?” と聞かれた理由がようやく分かりましたわ。。
なので、もしWhole Foodsで買い物している途中に、スタッフが口をモグモグさせて何か食べているのを目撃したら
それは仕事のうちなのです(日本では考えられませんが)

例えばチーズ売り場で、お客様にあるチーズの味を聞かれた場合。
自分が食べたことが無いチーズだったら 〝Let’s find out♪ 試してみましょう♪” と
チーズを開けてスライスし、お客様といっしょに食べろと指導されています。
そして味の感想を言い合い、お客様とコミュニケーションをとるわけですね。

ちなみに味が気に入らなかったら、買わなくてOK :emojiface_wink:
Whole Foodsの目的は買ってもらうことではなく
ここに来れば試食して買おうか決められるという安心感。
また来よう、と思ってもらえるようなサービスなんです。
それがWhole Foodsのイメージを良くし、将来的に利益に繋がる、という考え方なんですね。
(試食した方が買わなくても、口コミで聞いたお客様が買ってくれるかもしれない)

というわけで毎回勤務のたびにめっちゃ食べてる私。

今度みなさんにお会いするときは、ぽっちゃりしてるかもしれませぬ。。

チーズの種類は多く、なんて読むのか全く分からないチーズもありますが(←ダメじゃん)
試食の度に、こんな味の食べ物が存在したのか!と驚いています。奥が深い。。

新しく 〝お仕事” というカテゴリーを作りましたので
またお仕事ネタ、書きますね~♪

ではでは :emojipaa: