アメリカの秋冬は10月末のハロウィーンから感謝祭、クリスマスとイベントがぎゅっと詰まっていて、とても忙しいです。

今年はそれに加えてホールフーズでのお仕事も忙しく、クリスマスイブの日までがっつり働いて(クリスマス当日はお店は休み)、あれよあれよという間にクリスマス。今年のご馳走はプライムリブに挑戦しました。
IMAG4832

リブに、マフィン型を使って重ね焼きしたポテト、ほうれん草のクリーム和えです。デザートはパンプキンパイ。

実はお肉に添えるソースで、エポワスというチーズを準備してあったのですが (Epoisses cheese)

お肉を焼くのにえらく時間がかかり(最初低温で後に高温という新しい調理方法を試した) 出来上がった時はお腹がペコペコで

うっかりソースを作るのを忘れました

うっかりさんのあるあるミステイクですね。

ちなみに食べている間もソースを忘れたことに気が付かず、なんか味が薄いね~と夫と言い合いながら塩をかけて食べてました。

うっかり過ぎます。。

食べ終わってから気が付きました。

エポワスチーズは2016年になってから入籍記念日のご馳走で登場させました(また書きます~)

クリスマスの翌日は仕事で、その翌々日から日本でお正月を過ごすべく、日本へ行きました。

そのクリスマスの翌日の仕事ですが

遅番が私だけという事態に。

実はクリスマスイブの日に、私が年末年始に日本へ行くため休暇をとっていたので
クリスマス翌日にシフト入りしていない同僚達と、良いお年を!と言い合ってたんです。
で、仕事に来てみたら

シフト入りしている同僚まで来てないわ♪

ハッピー―ニューイヤー♪ 日本で楽しんできてね!なんて言われた時は
ああ、この人は26日にはシフト入りしてないのね。と思い込んでいたのですが
まさかの欠勤。しかも私に挨拶してたってことは!

計画的犯行だわ~

こらこら!

そんなこともありつつ26日に仕事おさめ。

翌日の朝ご飯は、夫がワッフルを焼いてくれたのでした。
IMAG4836
夫がインターネットで見つけた、本場ベルギーワッフルのレシピ。
すごいバターの量なんですが、食べてみると、それは懐かしい、昔日本で流行ったベルギーワッフルスタンド(駅にありましたよね?)の味がしました。美味しーー!

次回は日本旅行編です。