アーバインで中古車探し①
アーバインで中古車探し②

の続きです :emojiface_glad2:

なかなかこれだ!と思える中古車に出会えずにいた私と夫。
ちょうど夫の出張が迫っていたため、若干焦ってました。一人でテストドライブして、一人で決断するにはちっと大きな買い物です。
この頃は毎日CraigslistとAutotraderを開いて数時間おきにページをリフレッシュ検索。
前回書いた通り、最初の頃のテストドライブでは嫌な思いをしましたが
普通の個人売りの人たちももちろんいて、残念ながら購入はしなかったけれど
良かった、普通の良い人たちっているんだな~~ と救われました。
メンタル的に有難かったです。。。

もう明日から夫が1週間出張、という土曜日の朝。Craigslistで見つけたVolkswagen。
オーナーさんにテキストすると、折り返しの電話が。
その日の夕方にテストドライブをさせてもらい、その場で購入を決めました。 :emojiface_wink:
オーナーさんも了承してくれ、その日に簡単な書類の手続きをし
翌週月曜日に支払い、AAAで所有権を移し、晴れて家に持ち帰ることができました。

私と夫はディーラーからではなく、個人売買で車を購入したわけですが(前の車もそう)
その場合の利点・不利点について書いて置こうとおもいます。
これからアメリカで車を買う方の参考になれば幸いです。

利点その① 実際にその車に乗っていたオーナーに会える
その車をどのように乗っていたか、どのようにケアしていたか、問題点などを直接聞くことが出来ます。
テストドライブしてみて気になるところ(ブレーキパッドはいつ変えたのかなど)を聞いて
すぐに答えられたリ、書類を見せてくれたりする場合には良いオーナーさんです。
逆にあまり車をケアしていなかったオーナーさんだと、修理記録を失くしていたり。

利点その② どうしてその車を手放すのか聞くことが出来る
〝遠くへ引っ越すので” 〝家族が増えるので大きな車に買い替える” などは良くある理由ですが
全く問題の無い、利点だらけの車!値段もお得!!といった車を
どうして売るの?と聞いた時に、答えがあやふやということも(怖)
絶対何かがある。。。!!(笑)

利点その③ ディーラーよりも安い
ディーラーから買うよりは、大体$1000-2000程安いです。

不利点 故障した場合は大体買い手の責任
ディーラーさんだと保証が付いてたり、故障したら買ったディーラーに持っていくことが多いですが
個人売買だと、自分で修理工場を探して持っていく必要があります。面倒です。

不利点 やっぱりCraigslist(笑)
誰でもなんでも掲載できるCraigslist。車をCraigslistで買った、というと、えーーー大丈夫?と驚かれることも。
良くない噂もありますので、十分注意が必要です。一人では絶対に行かないこと!!
でも前述した通り、普通の良い人たちもいます。
私は運が良かったのか、今まで騙されたりしたことはありませんが、よく聞くのは:
*車を売りに出して、テストドライブさせたらそのまま帰って来なかった(盗まれた~)
*トラックを売りに出して、テストドライブさせたら夕方まで帰って来ず、やっぱり買いませんと言われたが明らかに引っ越しに使われたっぽい
などでしょうか。
私がやっている防御策として、気になる車を見つけたら、オーナーの連絡先をGoogleで検索してました。
実はディーラーとか、何やら会社の名前が挙がってきたりした場合は、止めておきます :emojing:

最後に
気になる車を見つけたら、サイトでレビューをチェックすることもおススメです。私が見ていたサイトはこの3つです。

U.S. News (https://cars.usnews.com/cars-trucks
このサイトは車の安全性、パフォーマンスなど全体的に点数制で表示してくれるので、見やすいです。

edmunds (https://www.edmunds.com/car-reviews/)
消費者がレビューできるこのサイト。もう買わない!といった理由がどの人も同じだったら(同じ個所の不具合など)要注意です。

Kelly Blue Book (https://www.kbb.com/
もちろんKBB! ここでレビューと、大体の値段もチェックします。


長々と書きましたが、これで中古車探しは一件落着。。したと信じたい。
購入した車と、出来るだけ長く故障もなく、安全運転で仲良くしていけますように! :emojiface_wink: