Post-255快晴のキャメリオ :emojisun:
でも空気は冷たくて、寒いです。冬ですね。早く春にな~れ! :emojisakura:

写真はマグロの塩焼きとアボカドソース、なすの煮浸し、蕪とたまねぎのコンソメスープで、合計565キロカロリーでした。

さて、ダイエットがんばっていて、えらいね、と誉めていただくことがありますが、実はそんなに偉くないです。挫折もあります。過去に挫折した例を挙げてみました:

1.来客が数週間滞在 -直近のダイエットですが、義弟くんが遊びにきてストップし、そのままうやむやに。意思が強ければ、後で再開出来たのでしょうけど、弱いですね、はい。

2.旅行 - 自炊できないと、ダイエットはなかなか難しいものがあります。これも旅行後に再開すればいいのですが、弱いですね(笑)

3.仕事が忙しい -ストレスですね。夫は以前、お酒を飲むのは週末だけ、というダイエットをしていたのですが、ある日の平日、疲れた~と言って帰ってきて、飲んでもいいかなア、と聞くわけです。ここで ダイエット中だから、駄目!といえる妻は偉いですが、普通は言えないですよね。。というわけで平日も飲み始めて、週末のみ飲むというダイエットは終わりました。

4.エクササイズ - ジムではなくて、外を歩くエクササイズをしてたんです。けっこう楽しかったのですが、どうしてもペースを疲れない程度に自分で落としてしまうため、あまり汗をかかずに終わり、不燃焼。ジムでのエクササイズに変えましたが、ジムに通いだすまで、数ヶ月かかりました。その間、なにもせず。

5.ジムでの障害 -前回も書きましたが、ジムで嫌なことがあると、次に行く気が削がれます。そしてジムに行かない格好の言い訳になってしまい。。(時間がかかる、疲れている、忙しい等々) 挫折につながる、というわけです。

6.飽きる -私が淡白な料理に飽きてしまい、今カロリーを計算していたノートを見返してみても、挫折の前はけっこう高カロリーになっています。ゴールを設定しないと、辛いんですよね。

書いていて、けっこうあるな、、と自分で笑ってしまいました :emojiface_glad2:

最近は挫折と言うと気落ちするので、中休みと考えるようにしています。

一週間単位で考えて、ある日カロリーをオーバーしたら、他の日を少なくして挽回して
忙しい月やイベントのある月にたくさん食べたら、翌月はダイエット月間にして
一年単位だったら、ホリデーのあとの一月と二月はダイエットの月にするとか。

途中でダイエットを止めても、何もしない一年よりは、1週間でも気をつけた週があったほうがトータルではいいのではないか、と前向きに考えるようにしています。

あとはやっぱり、夫婦でやるダイエットは難しいです。夫は私に晩酌してもいいよ、と言いますが、私も付き合って止めています。カロリー計算して、エクササイズにも付き合ったりしてるのに、私だけ体重が落ちて、相手が落ちないと、イラっ :emojiangry:  とすることがあります(笑)

そのカロリー計算、合ってるの?と一度言われたことがあるのですが、もうその時は本気で腹が立ちましたよね。

次回は面倒なカロリー計算について、書いてみたいと思います。