イスラエル旅行 エルサレム旧市街

イスラエル旅行の続きです

さて、義妹がとってくれたAirbnbは旧市街まで電車ですぐの素晴らしいロケーションだったのですが、お姑さんが足が悪いので駅まで行けず、車で旧市街の周りを走っているシャトルバス乗り場まで行き、そこから観光を始めることに。
IMG_20160522_172346

町は坂と階段が多く、足の悪い人にはキツイです。

義妹は本当にエライです。朝一で駐車場まで歩いて行き、車を出して宿泊先まで持ってきて私たちを乗せ、出発したものの、周りの運転が荒いわ道がわかりづらいわで、本当に大変だったと思います。

なんとかたどりついて、シャトルバス乗り場の近くにあるカフェで朝ごはん
IMG_20160523_100114

これはイスラエルの伝統的な朝食。野菜と卵と、数種類のパンにそれぞれチーズや豆、発酵させた野菜などが沢山ついてきます。イスラエルの食生活には本当に感動しました。そしてどれも美味しいです。

お腹を満たして、いよいよ旧市街へ。
IMG_20160523_135120

外から城壁を見たところです。旧市街は城壁に囲まれており、街に開かれている門を通って中に入ります。
ここまでくると、どこもかしこも、ファンタジー映画に出てくるような世界です。

IMG_20160523_111716

まずは嘆きの壁へ。これはユダヤ教の神殿が紀元前にあった場所で、いまはこの壁のみが残っています。壁のむこうはイスラム教の聖地となっています。金色のドームがそれです。
IMG_20160524_070916

祈りは男女別の場所で行われます。壁に向かい、祈りをささげるユダヤ教徒の人々を見ると、エルサレムの抱える問題の深さが感じられます。

さて、旧市街はユダヤ・キリスト・アラブ・アルメニアの4区間に分かれています。そしてもちろん住んでいる人もいます。
IMG_20160523_120029

紀元前から続く古い街なのですが、中東戦争による爆撃で破壊された場所は再構築され、比較的新しい作りになっています。

が!

戦争による爆撃で、新たな遺跡が見つかったりもしてるんです。(その区間の見学もできます)

どうか爆撃などではなく、もっと平和な原因で、いつかは遺跡の発掘や調査がされますように。

ちなみに聖書に、湧き水のある場所が出てくるお話があるそうなんです。ただそういった湧き水の場所は周りになかったため、フィクションだろうと思われていたのが、爆撃でひょっこり湧き水の跡地が出てきたそうな。
とんだ棚ボタです。

イスラエルに留学していた義妹の言うところには、紛争は根強く、同じイスラエル人であっても、その人の血筋や教育、バックグラウンドなどによって歴史の解釈が違うそうで、誰に聞いても歴史が違うとか。 ある民衆にとっては聖戦であり、ある民衆にとっては違うのですね。 それがキリストが産まれる前、そしてローマ帝国・十字軍の時代からですからね。。気が遠くなる話です。

さて、足の悪いお姑さんを連れての観光ですが、これが難航しました。
街は基本的に、バリアフリーではありません。
そして足の悪いお姑さんは、体力もなく非常に疲れやすいです。
IMG_20160523_123019

このデコボコの石畳は、イスラエルの街が作られた紀元前当初のものと考えられています。昔は石をそれほど研磨して道を作る必要もなかったんですね。周りの平たい石畳は近代のものです。
元気な人が見れば、おお~!と感動ものの歴史ある石畳ですが、車椅子は無理なんですよ。。

で、本当は嘆きの壁の後にキリストの墓(と言われている)教会を見たりする予定だったのですが、お姑さんがギブアップ。
ガタガタ道は、車椅子に乗っているだけでも疲れます。そして腰や背中が痛いそうです。

せっかくここまで来たんだから。。教会も見たいし、行きたいけど。。

と不安がるお姑さんに、実の親子のマイケルと妹はうんざり。特に旅行を企画して、お母さんにこれとこれを是非見せたい!!と思っていた義妹は、ちょっと疲れもあってげんなりしたこともあり、マイケルが妹を連れて二人で、道の状況と教会までの距離を確かめに行くことに。こういうクールダウンの時間って大切ですよね。私はお姑さんと二人で待ってました。
お姑さんは、旅行に備えて歩く距離を長くして運動していたのだけれど。。と残念そうでした。
実の親子だと遠慮が無くて、意外とケンカになったりしますよね。

さて、しばらくして帰ってきたEads兄妹によると、お姑さんは行くのは無理だろうということになりました。 (この散歩で義妹とマイケルは、義妹が以前食べて微妙だったというアラブのお菓子を買ってきてくれました。本当に微妙な味でした。 きっと義妹は、私達がイスラエルに来たら、あれも見せたい、これも食べさせたいと色々考えていたんでしょう。海外に住んでいる人はわかりますよね。義妹の気持ち。家族が来たらあれも見せたい、あれも楽しんで欲しいって、すっごく企画するんですよね。義妹の気持ち、痛いほど分かりました。そしてこの微妙なお菓子を買ってくるセンス笑)

というわけで、この日の観光はこれで終了。

で、シャトル乗り場まで車椅子に乗るのも辛いお姑さんのためにタクシーを止めたら、タクシーの運転手さんが観光地を回るよ!と言ってくれまして。街の外にあるオリーブ山(キリストが最後の説教をしたと言われる場所)に連れて行ってくれ、そこから義妹がぜひお姑さんに見せたいと思っていた教会までタクシーで行ったのですが、なんと臨時閉館という。

というわけで、翌日の早朝にマイケル・義妹・私の三人でまた観光に戻ってくることにして、その日は宿泊先に帰りました。

この日は実は結婚記念日!

夕食は近くのレストランで。イスラエルのお酒で作ったカクテルとクラフトビールで乾杯のあと

イスラエルお約束のお通しとピタパン
IMG_20160523_190804

ケバブなんですが、まさに日本のハンバーグ! 付け合わせはレンズ豆とオクラの煮物。
IMG_20160523_192326

いや~。それにしても食事が美味しかったです :emojiknife:

明日は観光に再挑戦!

イスラエル旅行 エルサレムのMahane Yehuda マーケット

イスラエル旅行の続きです

義妹が予約してくれたAirbnbはMahane Yehudaマーケットまで徒歩で行け、しかもエルサレム旧市街までは電車ですぐという絶好のロケーションでした。
IMG_20160522_162613

マーケットは上記写真のメインストリートから小道に入るとテントでカバーされた区画があり、たくさんのお店が並んでいます。旅行先でスーパーマーケットなどを見るのが好きな方にはお勧めの場所です。
IMG_20160522_165239
見たことの無い野菜や果物も多い!

特に多いのが、ペストリー!!!
IMG_20160522_170713

IMG_20160522_162821

パイ生地はバターのサクサク感はなく、しっとりどっしりなんですが、中身はいろいろあって主流はドライフルーツとチーズ。
食事用のペストリーはポテトとペストソースが入っていたり、ピザ味なんてものも。朝ご飯や軽食にこのペストリーとコーヒーを食べている人が多かったです。 あ、でももちろんご覧の通り、ガラスケースなど無く、ハエがぶんぶん。手づかみでペストリーを買う人も多く、衛生的は若干躊躇するものがありました。 比較的キレイそうなところで(笑)食べてみましたが、蜂蜜がどっさりかかったものやピスタチオが詰まったもの、それに朝食用のチーズ入りが美味しかったです!イスラエルの食は口に合う物ばかり。

実はイスラエルに到着した日、夕食を食べた後に私は体調を崩しまして。
体調を崩したっていうか、おそらく旅の準備疲れ+長旅の疲れ+これから義家族との旅行というプレッシャーで胃腸が疲れてたのか、ゲーゲーになりまして。 ( 一晩寝たら治りました。 いざとなったら義妹になんとかしてもらおうと思っていた笑← 義妹は医学校を卒業し、晴れてお医者さんになりました。その卒業式でのイスラエル旅行だったんです。患者第一号はまさかの私かっていうね。。)
それ以来、わーー食べてみた―い♪ と思っても、また体調を崩したら義家族に迷惑をかける!と思い、食の冒険に躊躇しておりました。

あ、でもイスラエルのクラフトビールバーがマーケット内にありまして、ビールは飲みました(笑)
IMG_20160522_163339

驚きの高品質のクラフトビール。堪能しました!

IMG_20160522_165155

掲げられたイスラエルの国旗。どうか平和が長く続きますように。

翌日はいよいよ、エルサレム旧市街へ!

イスラエル旅行 テルアビブからエルサレムへ

前回の続きです

テルアビブでは義妹が予約してくれたAirbnbに宿泊しました。普通の2ベットルームのアパートで、その街に住んでいるという体験ができました。 観光地ではないので、街はゴミゴミしていて道も狭く(犬の落し物も多い)、レンタカーを借りて義妹が運転してくれたのですが、遠くの駐車場まで歩くか、路上駐車をする必要がありました。 これがまた恐ろしく大変で。私は今までカリフォルニアの人たちの運転の粗さに怒ることがあったのですが、すみません、間違えてました。。イスラエルの運転のマナーの悪さとは比べ物にならないです。
IMG_20160522_084600

宿泊先の窓からの眺め。通りからは常にクラクションの音が。運転してくれた義妹には大感謝!!

さて、宿泊先の向かいのカフェでコーヒーとペストリーの朝ご飯を済ませ(ペストリーはチーズやペストソースの入った物など種類が多く、おいしい) エルサレムへ出発!

途中のパブリックビーチでちょっと泳いだりも(お姑さんだけ) Eads兄妹はそろってインドア派。
それにしても海が綺麗!!
IMG_20160522_115926

お昼はイスラエルのどこにでもあるチェーン店、アロマで。サンドイッチとコーヒー、それにペストリーの種類が豊富なのと、味が見た目通りという(笑)期待を裏切らないカフェで、滞在中何度もお世話になりました。
IMG_20160522_141148

イスラエルではどこも野菜と果物が豊富で、非常に健康的な食文化の国でした。

エルサレムで泊まったところも、義妹が予約してくれたAirbnb。ちなみにテルアビブで泊まったところも同じでしたが、どこも大体爆弾よけのシェルター(Bomb Shelter)が付いていて、こちらのAirbnbは寝室そのものがシェルターでした。どうりでドアが重いはずだわ~って(笑) これもまた、中東旅行の思い出と言えそうです。
IMG_20160522_173214

こちらも路駐が一杯で、義妹はちょっと離れたショッピングモールの駐車場まで毎日車を停めに行ってくれました。

続く。