Post-21ヨセミテに行く途中、セントラルバレーと言ってカリフォルニア州を縦断する長さ600キロほどの大盆地を通ります。ここは農業の盛んなカリフォルニアの中でも特に「カリフォルニアのフルーツバスケット」て言われるくらいいろんなもの作ってます。中でも今最も収穫の盛りなのは加工用のトマトです。7月から10月くらいまでがピークで24時間採り続けてます。採ったトマトはご覧のようなトラックに山積みにされて工場に運ばれます。途中急なカーブなんかの外側にはこぼれ落ちたトマトが山積みになってます。このトマトは品種改良されて皮が分厚いから、こんだけ山積みされてもつぶれんらしいです。(農家の人談)
そうは言うてもやっぱり気合の入ってへん奴もおるから、いくつかつぶれて下からジュースがこぼれてます。一日中何台も同じとこ通るから道路もそこんとこだけトマトジュースで濡れて光ってます。写真を撮ったときはすぐ横走ってたんで、ジュースを浴びながら撮りました。