Post-91娘が今日から夏休み中、日本へ行くことになりました。
今夏は遊びではないらしいです。
航空会社に勤めていかに自分の日本語が
おかしいか痛感したとのことから勉強に行きます。
日本から来られらお客様に自分の話す敬語が正しいのか?
といつもピリピリしていたとのこと。
ある時は入国管理局から
『コンピューターがダウンしたからその趣旨
待っている日本の人たちにアナウンスして。」と言われたらしいです。
そんなオフィシャルな言葉を使ったことがないので
冷や汗、心臓バクバクで何を言ったか覚えていないと
家に帰って泣いておりました。
そんなアナウンスは私でもとっさにうまく言えないと慰めましたが
娘がもっと日本語を学ぼうとする気持ちにさせた
よい経験だったと思います。


娘は小学2年からハワイに住み
大学卒業まですべてアメリカの学校でした。
ハワイに住み始めて1年もするとどんどん
英語まじりの日本語を話すようになりました。
例えば『今日はホームランチはいらない。スクールランチを
食べてからアフタースクールにジェニファーとプレイするから。」といったぐあい。
このまま何も注意しないで3-4年もするとまったく
日本語がしゃべれなくなります。
そんな日本人の子供がハワイにはいっぱいいます。
そこで家の中では英語禁止にしました。
おかげで『クイズへキサゴン』に出てくるタレントと
同じくらいのレベルの日本語は保っております。 :emojiface_koma:

日本語教育の環境が両親と日本から送られてくる
関西のお笑い番組のビデオのみだったので
「アメリカ育ちなのにコテコテの関西弁。」
とよく笑われます。
サンフランシスコ育ちの日本人の子供はどの地方出身の
家庭でも標準語です。めちゃ不思議。
日本語補習校の影響かしら?
自慢といえばボケとツッコミだけは関西人のマナーとして
厳しくしつけて参りました。
おかげで親子、姉弟はては横山ホットブラザーズのように
家族漫才ができるようになりました。


というわけで3ヵ月後にはどんな正しい日本語をしゃべるように
なって帰ってくるか楽しみです。


天真爛漫、24歳 先行き不安。 :emojiface_thinks: