Post-297一向に景気がよくならないというか
今年になってより一層悪くなったと感じると
言う声を多く聞きます。
内需拡大は無理と思ったアメリカは
国外からドルを使ってもらって景気をよくする
プロモーションを開始するようです。
今まで国家レベルで観光を誘致することが
なかったアメリカですが
先週オバマ大統領が署名にて
「アメリカに観光に来てドルを落としておくれやす」(私が勝手に命名)
プロモーションが正式に始まろうとしています。
それというのも世界的に見て海外旅行に行く人々は
増えているにもかかわらずアメリカを訪れる人は
減っているのは宣伝力が足りないからでだと
悟ったようです。
日本でもYokoso Japan!!のキャンペーンで
1兆円以上のお金を生み出たそうです。
(だから観光庁をつくったんでしょうね)




これには200ミリオンダラーの予算を組み
4ビリオダラーの経済効果が生まれ
そのため4万人の雇用が必要となり
320ミリオンダラーの税収が見込まれと
アメリカの経済をアップさせる期待感いっぱいです。
アメリカ観光協会のいうことにはこの予算には
アメリカ市民の税金を投入する心配は
ありませんよ、
アメリカにやって来る人から徴収しますからと
なっています。
というわけでアメリカに入国される皆さんは
毎回、10ドルのアメリカ入場料が必要となります。
これはいかにもヤンキーの考えそうなこと。
観光にきたらお金を使ってくれるんだから
観光業界に負担させるべきだと思うのですが。
はたしてどれだけ宣伝効果があるのでしょうか?

オバマ大統領
これから私もまじめなサンフランシスコ情報を
アップしますんでこちらにちょっと予算を
まわしていただけないでしょうか。