ボルチモアのハーバーエリアのホテルから歩いて5分で米大リーグオリオールズの本拠地、オリオール・パーク・アット・カムデンヤーズがある。今夜はワシントンDCのチーム、ワシントンナショナルズとのゲームを観戦しよう。1992年に開場したこの球場は、レンガと鉄骨を組み合わせた外観、左右非対称のフィールドなど、新古典主義を初めて取り入れた球場として知られているとのこと。建設年のアーバン・デザイン・アウォードを受賞するほど高い評価を受けたと言うことだ。





オリオールズのオレンジ色のユニフォームやTシャツを身につけたファンがナイター試合に続々と集まってきた。今日はアメリカンリーグとナショナルリーグの首位同士の戦いと言うことで、球場は熱気に包まれた。