東日本大震災5周年復興支援コンサート

ニュージャージーでも冬が終わろうとしている。今年は暖冬と言われ、大雪が降ったのもわずかに一度。寒い日は氷点下10度以下も記録した日があったけど、例年に比べたらやはり過ごしやすい冬だった。その冬がいよいよ終盤を迎え、フロントヤードにはクロッカスやチューリップが芽吹き始めた。

この時期に恒例となった行事のひとつ、東日本大震災の復興支援コンサートが今年も開催された。あの大災害からもうすでに5年も経つ。あっという間という気もするし、ここまでの長い道のりだったという気もする。ニュースではまだまだ復興できていない地域や人口減少で新たな問題を抱える地域、そして放射線量がいまだおさまらない原発事故の地域などが連日放送されている。遠いアメリカに住んでいる私には遠い祖国で起こっていることで、普段は恥ずかしながら、この災害について忘れてしまっている。そんな自分を戒める為に、せめてこちで開催されている復興支援イベントには極力参加したいと思っている。

そして、今年も日本語キリスト教会で開催された復興支援チャリティコンサートに行ってきた。昨年の同チャリティコンサートでは福音歌手、森祐理さんの透き通るような歌声に感動したことがまだまだ記憶に新しい。今年はまた素晴らしい演奏の数々。その中でもメイン演奏者のThe SymphoNYChorusの情熱あふれたパーフォーマンスには、とても明るい気持ちにさせられた。団体名でもわかるように普段はニューヨークを中心に活動しているコーラスグループだけど、今回の復興支援の為にボランティアでわざわざニュージャージーまで一堂に会したということ。神の愛のメッセージを伝道するクリスチャンの演奏グループということ。その声量と質の高さに感心しながらゴスペル調とも言える聖歌の全演奏を食い入るように、鑑賞した。

The SymphoNYChorus

The SymphoNYChorus




日本では足踏みしている復興のニュースが多く、被災者の皆さんを思うと暗い気持ちになってしまいがちだったが、そんな暗い気持ちを吹き飛ばし、明るい気持ちにさせてくれた今回のチャリティコンサートに感謝の気持ちでいっぱいになった。

ハッピー🎃 HALLOWEEN

日本でも、最近ハロウィーンが盛んで、大変な盛り上がりだという。日本ではよりリアルなメイクをしたりコスチュームをつけたりと、どちらかというと大人たちも楽しんでいるようで、それはそれで、新鮮なハロウィーンだ。

本場アメリカでも、年々仮装の趣向を凝らす人たちが増えているような気がする。家族でテーマを決めて全員でコスチュームをつけたり、愛犬とお揃いのスーパーマンになったり、見ているだけで楽しい。今年はここ数年の中では一番暖かく過ごしやすい日となり、しかも土曜日と重なったので、久しぶりに家族でTrick or Treatを楽しむことにした。友人の息子くん(最近は我が家の長男と化しているww)と共にOradell のProspect 通りにでかけた。明るいうちは人がまばらだったのだけど、日が落ちる頃には多くの人出になり、にぎわいをみせていた。一通りキャンディーをもらったので、次は久しぶりにHackensack のClinton 通りに子ども達を連れていくことにした。ここは道沿いの各家庭が派手なハロウィーンの飾りをすることで有名な通り。行ってみると、周辺は車が数珠繋ぎに!なんとか車を駐車してメインの通りに行ってみると、見物客でごった返していた。住人が変装して外に出てきて、タレント気取りで見物客と記念撮影している。以前にもブログで紹介しているが、この通りのハロウィーンが、益々バージョンアップしている感じがした。


image



image



image



image

ミュージカル「キング&アイ」

友人のお誘いで「キング&アイ(王様と私)」を見に行ってきた。そう、米演劇界最高の栄誉と言われるトニー賞のミュージカル部門で9つの賞にノミネートされた作品。渡辺謙が主演するということで日本でも話題となったブロードウェイミュージカルだ。今回の上演は残念ながら渡辺謙が出演していなかった。チケットをとってもらったのが5月前だったので7月中旬でキャストが代わることを知らされてなかったのだ。
今回のキングはJose Llanaという目元が謙さんに似た役者さん。トニー賞では主演女優賞を獲得したケリー・オハラは予定通り出演し、十分に見応えがあった。最後は会場がスタンディングオベーション。感動のうちに幕を閉じた。
作品の素晴らしさはもちろんだが、もう一度、渡辺謙の王様役を観に来たいと思った。情報によると来年春の千秋楽前にまた戻ってくるということだ。


image

アーサー・ホーランド、不良牧師のジーザス伝道

アーサー・ホーランド牧師とは、日本でちょっと名前の知れた牧師らしい。宗教と無縁の生活をしている私は彼の存在を知らなかったが、彼は十字架を背負って日本縦断を果たし、一躍有名になった牧師だそうだ。自称、不良牧師。「宗教は大嫌い」と言い切る、ユニークな伝道師だ。
今日は、縁があって東海岸で伝道活動中の彼の講演(説教?)を聞く機会を持った。彼のイエスキリストとの出会い、宗教観や神の教えについてを語り始めた。テンポが良くやジョークを織り交ぜながら饒舌に話す語り口調にどんどん引き込まれていく。笑いあり涙ありで、彼のキリスト教との出会いや自然信仰についてとてもわかりやすく話してくれた。あっという間に1時間半が過ぎてしまった。
「何事も一歩踏み出さないと物事が動かない。だから自分が今すべきことを一歩一歩進んでいる。」というアーサー牧師の言葉にひどく共感を得た。私も足踏みしていないで一歩ずつでもいいから踏み出してみようと思った今日。

話し出したら止まらない(笑) 会場が何度か爆笑に包まれた。
11406978_1109854352361279_935331085961221917_n

60
歳とは思えない若々しいスタイルとパワー溢れるアーサー先生のお姿。自分で不良牧師と言っているがやはり眼差しの優しさは人格の深みを感じた。
20150617_125500