IMG_5873




日本では夏休み映画として7月に公開を予定されてるハリウッド作のゴジラ
ここアメリカでは、すでに5月から封切られております。
封切り前からマンハッタンの街にゴジラの巨大看板がこのようにあちこり出現し(写真はタイムズスクエア)、フィアットのテレビコマーシャルにも出演して、ゴジラ襲来近しを盛り上げてました。
特にカナダのトロントでのプロモーションでは、ゴジラが地下鉄を破壊したという設定でセットまで作り、大々的に宣伝している模様がニュースになってました。

image




ゴジラは前作のまるで恐竜のような変わり果てた姿が不評で、今回はオリジナルゴジラに敬意を表した姿、咆哮の声もオリジナルに近付くべく修正されてます。
アメリカにもゴジラファン多いですからねー。
元々昔から、ゴジラシリーズはアメリカで映画館公開され、TVシリーズも放映されており、お年寄りから子供達までゴジラは既に超有名なんですね。
3歳くらいからゴジラの塩ビ人形を買ってもらって遊んでいたゴジラファンの私も、ちょっと前の話ですが封切り直後にIMAXシアターに見に行って参りました!




日本ではこれからですからネタバレはしませんが、もうちょっとゴジラの出番が多ければ良かったのになー。
やたら眉根を寄せ目を見開いて、常に驚いたり悩んだりしてる渡辺謙の表情を見せられ続けた印象が。 (渡辺謙がいなくても映画成り立ちそうで、出演した意味もあまりよく分からない)
最後の方のゴジラの最大の見せ場シーンで、歌舞伎役者が大見得を切るかのように大咆哮するゴジラに大人の観客のアメリカン達から熱い拍手が起きてました。
皆さんやっぱり、子供の頃からゴジラを見てたんでしょうかねー。




日本でこれからご覧になる皆さんは、是非是非IMAXで巨大ゴジラの3Dを見て下さい!
臨場感が全然違う筈ですので。
私は今回、タイムズスクエアのIMAXで見たんですがこれは大失敗でした。
ここ、スクリーンも客席も普通の映画館とそんなにサイズが違わないんですよ。
日本はどうなのか分かりませんがアメリカではIMAXでもいろいろあるようで、せっかく高い料金を払って見るのなら下調べをして良い劇場でご覧下さいね!
昔68丁目のLOWSシアターのIMAXでアバター見たんですけど、ここは本当に超巨大スクリーンで素晴らしい。
自分がアリになったような錯覚がしたくらいです。
始まって30分くらいは乗り物酔いのようになって目が回りそうでした。




のっけからアートじゃなくて映画ブログですけど、ぼちぼちアートの事も書いていきますのでお見捨てなきよう、よろしくお願いします(^^;;